外壁塗装で使われる塗料について、詳しく丁寧に解説するサイト『外壁塗装・塗料の選び方』
外壁塗装で使われる塗料について、詳しく丁寧に解説するサイト『外壁塗装・塗料の選び方』

外壁塗装の塗り替えでは外壁材の種類によって、塗り替え時期の見極め、その下処理方法や
塗料の種類も異なってきます。
塗料の主成分となる樹脂によっても適用箇所、耐久年数が変わってきます。
耐久性の面だけから見るとフッ素樹脂塗料が一番良いのですが、他の塗料と比べると費用も
高くなり、また外壁以外の鉄部や木部はフッ素樹脂塗料と比べ耐久性が短く劣化が早い為、
他部位だけを別のタイミングで塗替えることになる可能性もあります。
このサイトでは主に戸建て住宅の外壁塗装で使われる塗料の耐用年数、特徴などを説明して
いますので、ぜひ外壁に合った塗料探しのお役に立ててください。

アクリル樹脂塗料の特徴

アクリル樹脂塗料は耐用年数が5〜8年で無色透明で高温における変色に強く、光沢保持性、保色性が大きいのが特徴です。

ウレタン樹脂塗料の特徴

ポリウレタン樹脂塗料は耐摩耗性、たわみ性がよく、床材などにも使用されています。

シリコン樹脂塗料の特徴

アクリルシリコン樹脂塗料は下地に対する付着力が強く、耐薬品性、光沢保持性、保色性、耐水性、耐汚性、耐候性が大きいのが特徴です。

フッ素樹脂塗料の特徴

塗料用樹脂の中では価格も耐久性も最上級の塗料で、耐久性は普通の塗料の2倍近くあり、耐用年数も15〜20年と長期間に渡り外壁の美観を維持します。

溶剤型アクリル樹脂塗料

内壁の抗菌、防カビ塗料として、外壁の複層吹き付け材のトップコートとしても多く使用されている塗料です。

一液型ポリウレタン樹脂

油変性ポリウレタン樹脂塗料はウレタン化アルキドともいわれ、成分中の乾性油の酸化重合で乾燥させます。